2019年10月の消費税率引き上げの前にコピー機のリース契約を。

2019年9月末までに納品を完了(リースの場合は検収完了)すれば消費税は8%

対象となる方

  • 新規にコピー機の導入を考えている方。
  • 以前、リース契約をしており、現在再リースでコピー機を使用している方。
  • 再リース中で、最近コピー機の調子が悪い、メンテナンスの回数が増えた方。
  • コピー機を買い取りして6年以上利用している方。

経過措置用件:消費税引き上げ前のリースは、8%のまま

平成31年9月までに取りかわしたリース契約に基づくリース料については、平成31年10月1日以降の引落し金額には10%の消費税がかかることはありません。2019年10月以降も8%のままの税率となります。

消費税引き上げでリース料金はこんなに変わります。

ケーススタディ

コピー機・複合機の6年リースの場合

月額7,400円の契約の場合
消費税導入前 毎月の支払額:7,400円+消費税8% 592円
  6年・72回支払うと・・・42,624円

消費税導入後 2019年10月以降の契約
毎月の支払額:7,400円+消費税10% 740円
  6年・72回支払うと・・・53,280円

その差は、1万円以上に!

企業様にとっては、びっくりするような金額の差ではありませんが、せっかく導入をお考えならお早めにお手続き下さい!

質問一覧

コピー機のリース見積りフォーム スマホ タップ&コール
コピー機本舗トップへ