コピー機の保守メンテナンスは大丈夫?

コピー機の保守メンテナンスには2種類あります。
1.メーカーメンテナンス
2.自社メンテナンス

メーカーメンテナンスのメリット・デメリット

コピー機の各機種に関する知識が深く、メンテナンス技術もメーカーの研修、テスト等を経ているので、技術力が安定しています。また各メーカーとも全国対応をしていますので、地域を選びません。
しかし各メーカー専門なので、他のメーカーのコピー機の知識はありません。

自社メンテナンスのメリット・デメリット

地域密着でお客様とのコミュニケーション頻度が高いので、ニーズを捉えており、各メーカーの取り扱いがあれば、一つ一つの会社に個別対応が可能です。

パソコンのわからない事などもついでに教えてくれるかもしれませんが、技術力に個人差がありますので、担当が変わった場合や貴社が地方から東京に進出した場合など拠点が変わるとメンテナンスは不可能となり、カウンター料金の見直しや、コピー機の入替えが必要になります。もちろんメンテナンス会社が倒産した場合もメンテナンスを受けることはできません。

コピー機本舗の保守・メンテナンス

コピー機本舗は、各メーカーが保守メンテナンスを行いますので、北海道から沖縄まで、全国のサービス拠点からメンテナンスにお伺いいたします。
コピー機の調子が悪くなった場合は、貴社に一番近い拠点スタッフが修理・メンテナンスを行います。

質問一覧

コピー機のリース見積りフォーム スマホ タップ&コール
コピー機本舗トップへ